ウーマン

顔を小さく見せるためには

ドクター

押さえておきたいポイント

人の第一印象を決めるのは顔立ちです。これは目や鼻といった各パーツも当然ですが、顔の大きさも非常に重要な要素と言っても過言ではありません。そのため女性だけでなく男性の中にも小顔になりたいと考える人は多いですが、どのように対策を行えばよいのかわからないという人も少なくありません。そのためまずは小顔にするための基礎知識や豆知識について知っておくと良いでしょう。まず多くの人が、小顔にするためには整形が必須と考えがちです。しかしあくまで整形は手段の一つであり、整形を行わずとも小顔にすることは可能です。まず挙げられる方法として、小顔マッサージがあります。これは自身で行うのとエステで行うのと大きく分けて2つあり、前者の場合、クリームなどを活用し、自宅などで手軽に行うことが可能です。また何かをしながらも行えるため、忙しい人であっても寝る前などの隙間時間を活用して行うことができます。一方後者のエステで行う場合、プロの手による施術を受けることができるので、自身で行うよりも非常に効果の高いマッサージを体感する事が可能です。また顔だけでなく痩身エステなどの全身のエステも受けることができるため、大きく自身の印象を変えることも可能です。ただし、比較的高額な料金が必要であったり、何度か通わなければ効果が得られなかったりする事があります。また自身の体質に合わないマッサージもあるため、場合によっては体験コースなどを利用し、自身に合ったエステを見つけるのも一つの手です。次に挙げられるのが美容整形と呼ばれるもので、小顔マッサージなどと比べると非常に高い効果が得られるのが特徴です。最近ではメスをいれないで行う施術もあり、代表的なものとして、注射によるものやレーザーを照射するものなどがあります。注射はリンパの流れや肌の引き締め効果などを得ることができ、短時間かつ比較的安価な料金で受けることが可能なため、仕事帰りに施術を受けることも可能です。レーザー照射は注射よりも高い効果が得られることが多いですが、こちらも複数回照射が必要で、肌質に合わなければ処置が受けられないというデメリットも存在します。この他にも様々な施術等が挙げられますが、どの場合においても注意しておかねばならない点があります。まず挙げられるのが料金に関する点で、美容整形などの場合、治療行為とは違うため保険診療の対象外となる場合がほとんどです。そのため全額自己負担で受けなりませんが、多くの場合で事前に見積などを行ってくれるので、その結果を元に受けるかどうかを判断すると良いでしょう。次に挙げられるのがメイクに関する点で、マッサージにせよ美容整形にせよ、施術を受けたあとでメイクが行えない場合がほとんどです。但し問題なくメイクが行える場合もあるため、施術を受ける前にメイクが行えるかどうかを確認しておくのも一つの手です。このように基礎知識として押さえておきたいポイント、注意しておかねばならないポイントは複数存在します。効果の高い施術を受けるためにも、まずはそれらのポイントについて確認しておくことをお勧めします。